コミック本棚を買うならA5サイズの本が収納可能かチェックすること

photo credit: Miss C.J. via photopin cc

photo credit: Miss C.J. via photopin cc

「漫画本、コミックが◯◯冊収納可能!」みたいな宣伝文句で売っているコミック本棚

うちも収納に収まりきらなくなってきた漫画を整理するために格安のコミック本棚を購入しました。

しかし届いた本棚を組み立てていざ本を入れよう、とした瞬間に問題が発覚したのです。

A5サイズの本が入らない!

いわゆる大判コミックと言われるA5サイズの漫画。

これが本棚のスペースの縦幅より若干大きく、ギリギリで入らないのです。

コミック本棚は漫画本を効率良く収納することに特化しすぎて、新書サイズやB6サイズ以外の本が入らないサイズになっています。

購入する前にサイズをきちんと見ていれば良かったのですが後の祭り、本棚を改造するかA5サイズの本を諦めるかしかありません。

対処法

幸いなことにうちは本の量が多くはなかったので、本棚のスペースが一段余っている状態でした。

そこで本棚の中板を一枚抜き出し、二段分のスペースを一段にしてしまいました。

これでスペースの縦幅は倍に。雑誌や画集などA4サイズの本でも余裕で収納できます。

本棚のサイズ選びは慎重に

雑誌や画集も収納できて結果オーライでしたが、やっぱり収納量は少なくなります。

手持ちの本がちゃんと入るかどうか、収納のサイズは事前のチェックを。

      2016/04/14

 - BLOG ,