「ブログを書くネタが無い」問題を解決する方法

photo credit: pedrosimoes7 via photopin cc

photo credit: pedrosimoes7 via photopin cc

ブログ運営の話題になると、必ずと言っていいほど現れるのが「ブログを書くネタが無い」という問題です。

僕も「とりあえずやってみようかな」精神でブログを始めてみましたが、案の定ネタ切れ沼に片足を踏み入れています。

では何故書けなくなるのか、ネタが無くなるのかについて少々考えてみました。

ブログを書く目的は何か

そもそも何故ブログ運営なんて面倒なことをやっているのか。僕の場合、大きく分けると

  1. アドセンス収入が欲しい
  2. 得たものや考えたものを書き残す場所が欲しい
  3. 技法や手順を整理したい

の3つが挙げられます。

アドセンス収入が欲しい

まず正直な理由が1の「アドセンス収入が欲しい」です。そりゃお金欲しいもの!

ただし今の段階ではアドセンス報酬は全く無いので、あんまり期待できないかと思われます。

お小遣い程度の収入が得られたらいいな。

得たものや考えたものを書き残す場所が欲しい

2の「得たものや考えたものを書き残す場所が欲しい」は備忘録のような感じです。

インプットがアウトプットでうんたらかんたらーレベルまでは行かずとも、日々得られたものを纏められる場所にはしたいと思っています。

あわよくばコンテンツとしても見れる形にしたいですね。

ツイッターは僕の使い方だとこの目的からは外れるので、ブログという形が重要です。

技法や手順を整理したい

3の「技法や手順を整理したい」はクリエイターがメイキングを公開するようなもので、

自分では理解しているつもりでも、人に伝わるように書き起こしてみると理解が深まったり新たな発見があったりするものです。

これは技術技法的なものに限らず、webサービスの使用方法、手順や機能などでも同じことが言えると思います。

何故ブログを書けなくなるのか

ブログを書く目的がはっきりしました。

じゃあ書けるじゃんレッツ書きましょーとなれば簡単なのですが壁が現れます。

ここでようやく「ブログを書くネタが無い」という表題に繋がります。

では何故ネタが無い、書けない状態に陥ってしまうのか。上記の3つの目的を元に考えてみます。

  1. アドセンス収入は欲しいが記事は書きたくない
  2. 得たものや考えたものがあんまり無い
  3. 整理する技法や手順が無い
  4. 更新が面倒くさい

アドセンス収入は欲しいが記事は書きたくない

「アドセンス収入が欲しい」という目的でブログを始めると、「ブログを作る」という意思を元に行動はできても、「こんな記事を書きたい」という思いが無いので、外観やSEO対策が完了した時点で手が止まってしまいます。

得たものや考えたものがあんまり無い

ネタを外部供給に頼るのが前提なので、得られる情報が無ければ当然ブログに書くことは無くなります。

整理する技法や手順が無い

僕のような未熟者だとそもそもの技術技法が書き起こせるほどありません。

webサービスの使用方法や機能も有限です。

更新が面倒くさい

上記の3つの目的とは関係ありませんが、「更新が面倒くさい」も無視できない障壁です。

むしろこれが一番の要因なのではないのでしょうか。

どうすればブログを書けるようになるのか

photo credit: Olivander via photopin cc

photo credit: Olivander via photopin cc

ブログを書けなくなる理由がはっきりしました。以上の理由から書けない、でも書きたいという意思はあるんだ!という状態ならばさてどうすればいいのか。どうやって書く内容を作り出すのか。

しかし自分の中のリソースだけでコンテンツを書き続けることは絶望的です。

面白いことを無限に吐き出せる人は大抵の場合、優れたブラックボックスを持っていて、その場の環境や外部リソースを咀嚼して面白い形に作り変えて発言する、というのがほとんどです。ここにヒントがあります。

ネットを開いたり町に出てみると情報に溢れ返っています。これらに触れずに生活することはほとんどありません。

つまり見聞きした情報を自分なりの形でコンテンツに作り変えることができれば、無限にネタを作り出すことができるのです。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、ソースを掲示して自分の意見を加えるだけでも十分なコンテンツのネタになります。

また、人によって観測範囲は異なるため、ある人には当たり前のことでも他の人には貴重な情報だということも多々あります。

アドセンス目的でもネタを得られ続ければブログは書けますし、「これはブログに書けるかな」と考えれば得られる外部供給も多くなります。

新しい技術やwebサービスにも敏感になりますし、良いコンテンツ群を作ることができれば面倒くささを上回るリターンが得られます。

まとめ

もちろん上で書いたことは理想論であり、僕も実践できているかといえば全然できていないと思います。

しかし上の考えを根底に持って臨めば情報を得られやすくなりますし、ネタが無い!という状況にも陥りにくくなるのではないでしょうか。

一人でも多くの人が楽しくブログを続けられることを祈っています。

      2016/04/14

 - BLOG, Web関連