エアコンはつけっぱなしの方が電気代の節約になる?

photo credit: looseends via photopin cc

photo credit: looseends via photopin cc

先日こんな記事を書きました。

気温が5度違うだけで生活は一変する

あれからめっきり冷えてきて、やはり暖房無しでは生きていけない状態になりました。

そこで活躍するのが我らがエアコン様ですが、小まめに付け消しするよりも、付けっ放しの方が電気代の節約になります。

冷えた部屋を暖めるのが一番電力消費が激しい

ガチガチに冷えた部屋をエアコンで一気に暖めようとすると、大量の電力を消費して暖房フル稼働になります。

このタイミングが最も消費電力の大きい瞬間です。

そして寝る前や出かける際にエアコンを消して、また部屋の温度が下がり、暖める際はまたフル稼働…。消費電力の最も大きい使い方になってしまいます。

暖かい部屋をキープするのは簡単

それに対して、一度暖まった部屋の温度をキープするのには電力をあまり消費しません。

今のエアコンの優れたセンサーなら部屋の温度を正確に検知して、無駄なエネルギーを消費せずに設定温度を保ち続ける事ができます。

付けっ放しは安くて楽、でも乾燥に注意を

というわけでエアコンは付けっ放しの方が電気代が安く済み、いちいち操作も必要無く楽チンです。

しかし一点だけ注意しなければならない点があります。

それは部屋の乾燥です。

エアコンを付けっ放しにすると部屋がどんどん乾燥してしまいます。風邪をひきやすくなるし、喉も乾燥して大変です。

ですので部屋にいるときは加湿器を使いましょう。安くて高性能な加湿器が沢山ありますし、消費電力も大した額ではないので常に付けっ放し、という感覚で稼働させて良いでしょう。

加湿器はこちらが容量、消費電力ともにおすすめ。僕も現在進行形で使ってます。

      2016/04/14

 - BLOG